中谷防衛大臣 名護市長と会談も平行線

沖縄を訪れている中谷防衛大臣は26日に稲嶺名護市長と会談し、普天間飛行場の辺野古移設について意見を交わしましたが、議論はかみ合いませんでした。

26日の稲嶺名護市長との会談で中谷防衛大臣は「基地負担の軽減につながる」として辺野古への新基地建設に改めて理解を求めましたが、稲嶺名護市長は反対の姿勢を示し議論は平行線でした。

会談後、中谷防衛大臣は「協議を続けていくことによって理解や納得が深まって、非常にお互いの認識が近づくものになればと」と記者団に話しました。

一方、稲嶺名護市長は「我々としては(新基地を)造らせないというのが目的なので、それに向けて今のような協議が進めばいい」と語りました。

中谷防衛大臣は27日午後、県庁で翁長知事との会談に臨みます。