12日は成人の日です。2015年、県内では1万7000人余りが新たに大人の仲間入りをしました。

県こども生活福祉部によりますと、県内の新成人は1万7271人で、2014年に比べて135人増えています。自治体の成人式は離島などは正月の帰省時などにその他、およそ半数が11日に実施しています。

このうち、日本一人口が多い村、読谷村では12日新成人524人の成人を祝いました。石嶺傳實村長は「時代の大きな分岐点に立つ今の沖縄に生きるものとして、平和な読谷村を築くため共に汗を流しましょう」と挨拶しました。

新成人は「自覚を持って頑張らないとなと思いました」別の新成人は「二十歳になったんで、大人の社会に出ていくんだなっていうこの切り替えというのが」「成人式で切り替わったんじゃないかなと自分は思いました」と話します。

12日糸満市で行われる成人式が県内では、2015年の最後になります。