那覇市内の病院でノロウイルスにによる集団食中毒が発生していたことが分かりました。

食中毒が起きたのは、那覇市のおもろまちメディカルセンターです。病院によりますと、5日の夜、入院患者のうち1人に下痢や嘔吐の症状が出てその後、同じ症状がおよそ30人に広がりました。

保健所が検査したところ、入院患者48人からノロウィルスが検出されさらに、病院食を委託されている会社の調理担当者から、ノロウィルスが検出されたことから、保健所は、給食が原因の食中毒と判断しこの食品会社を、2日間の営業停止処分としました。

病院では10日現在給食を止めて独自で食事を確保し、病院内の消毒や、換気など再発防止対策を続けるということです。