10日、那覇市ではおよそ1000人が参加しての書き初め大会が開かれました。書家の茅原南龍さんが「翔」の文字を書き上げ大会がスタート。

参加者は一斉に真剣な表情で、課題に取り組みました。参加した女の子は「自分でも上手に書けたと思う」「上手くできるかなとかいろいろ考えた」と作品を見せながら答えていました。

大人から子どもたちまで書を通して良い新年のスタートとなったようです。