地元放送局やケーブル局、大学生が制作した沖縄・奄美の映像祭が10日と11日の2日間にわたって名護市の名桜大学で開催されています。

会場では、沖縄戦や米軍統治などそれぞれのテーマごとに制作された映像作品、35作品が上映されています。主催者は「映像作品を通して自分の島のことを考える機会にしてほしい」と話しています。