県議会は3日に臨時議会を開き、野党側が提出した辺野古の工事中止を求める意見書について審議しています。

3日の臨時議会では、野党側が提出した政府が進める辺野古のボーリング調査に抗議し、新基地建設工事の即時中止を求める意見書について審議されています。

意見書に対し、自民党の議員が「どの法律に基づいて、反対なのか、中止であればどこに移すのか」と質したのに対し、野党側の議員は「多くの県民が反対する中、県議会として政府に対し意見書を出すのは当然」などとして、議論は平行線となっています。

意見書は、野党のほか公明党などが賛同して、賛成多数で可決される見通しで、可決されれば、午後にも外務省沖縄事務所や第11管区海上保安本部、沖縄防衛局に対し要請し、意見書を手渡したいとしています。