サッカー元日本代表選手が2日に宜野湾高校を訪問し、1日コーチとしてサッカー部の練習を指導しました。高校を訪れたのはサッカー元日本代表の福西崇史さんです。

これは、第一線で活躍したスポーツ選手が学校を訪問し、生徒に技術や部活に対する姿勢などを指導するもので、将来のオリンピック選手を目指してほしいと製薬会社が企画しました。県内では宜野湾高校を含め、3つの高校を訪れます。

福西崇史さんは「(夢に向かって)どういう風に考えて取り組めるかで、大きく違うと思いますので、そこの楽しさをしっかり見つけてもらって、楽しく、一生懸命取り組んでもらえたらと思います」と話していました。

生徒たちは少し緊張した様子でしたが、日本代表の技を学ぼうと、真剣な表情で練習に取り組んでいました。