沖縄と北海道の豆記者の一行が、29日、官邸で菅官房長官と面談しました。

官邸を訪れた豆記者は沖縄と北海道・函館の小中学生およそ45人です。29日の訪問では、沖縄の子どもたちが「かぎやで風」を披露した他函館の子ども達が函館賛歌を合唱しました。

松島中学校3年生の高良力樹さんが「沖縄は独特の伝統文化や自然などが多くの人を魅了している一方で戦後69年間続く基地問題や離島僻地の医療などいろいろな問題を抱えている。取材を通して、今までと全く違う世界に触れて視野を広げたい」とあいさつしました。

菅官房長官は「自分の夢に向かって前へ前へと進んでください。努力を積み重ね、日本の将来を担うすばらしい大人になってほしい」と話していました。