2018年3月8日 11時57分

新年度土木関連予算 モノレール延伸など重点的に

新年度土木関連予算 モノレール延伸など重点的に 8日に開かれた県議会土木環境委員会で、2018年度の土木関連予算は都市モノレール延長事業などに重点的に配分されることが分かりました。 土木建築部門の2018年度予算は948億4148万7000円。2017年度当初予算に比べ沖縄振興公共投資交付金の減額が響き、3.2%の減となりました。 質疑で宮城理土木建築部長は、ハード交付金は減ったものの、その範囲内で、2018年度中に完了する沖縄都市モノレールの延長に向けた事業や、国際物流の拠点となる那覇港総合物流センターの建設事業などに重点的に配分したと説明。 都市モノレール延長事業完了後の2019年度以降は、ハード交付金や高率補助など予算の総額確保を国に要望し、インフラ整備を図る考えを示しました。

qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.