2016年10月13日

つながる × 県系3世の思い 〜優しい社会とは〜

開催まで2週間となった世界のウチナーンチュ大会に向けて、きょうは、沖縄から海を渡った移民たちについてです。ふるさと沖縄というルーツでつながった彼らが見る、住みよい沖縄社会とは。 色とりどりの国旗。ボリビアやペルー、ハワイなどで生まれ育...続きを見る

高校野球九州大会抽選会

2017年春のセンバツ甲子園へとつながる、高校野球秋季九州大会の抽選会が、13日大分市で行われました。県代表美来工科・興南の初戦の相手が決まりました。 各県の代表合わせて18校が出場する秋季九州大会。13日、開催県の大分で組合せ抽選会が行われ、各...続きを見る

承認取り消しの百条委設置を否決

県議会9月定例会は、13日、最終本会議を開き、自民党会派から提案された辺野古の埋め立て承認取り消しの経緯を調査する百条委員会の設置を否決しました。 13日の本会議では、自民党会派が、辺野古をめぐる訴訟で県が敗訴したことを受けて、翁長知事が承認を取...続きを見る

仲里選手に市民栄誉賞

リオ・パラリンピックで銅メダルを獲得した、車いすラグビーの日本代表メンバー、仲里進選手に13日、浦添市初となる市民栄誉賞が贈られました。 13日、浦添市役所で開かれた表彰式では、市の職員や市民など多くの人が祝福にかけつけるなか浦添市初の市民栄誉賞...続きを見る

県立病院 医療態勢拡充で84人増

県立病院の医療態勢の拡充に向け、県は2017年度、医師や看護師などを80人余り増やすことを決めました。 県立病院では慢性的な人手不足が以前から問題となっていますが、県は現在2880人となっている医師や看護師などを2017年度、84人増やすことを決...続きを見る

サンゴ礁再生へ出前講座

サンゴの生態系やその再生についてもっと知ってもらおうと13日、県内の高校で水族館職員による出前講座が開かれました。 この講座は、高校生にもサンゴに関心をもってもらい、保全活動に積極的に参加してもらおうと開かれたもので、那覇国際高校の1年生およそ4...続きを見る

県議会 議長の公務キャンセル巡り一時空転

県議会は13日、最終日ですが自民党会派から議長が先週公務をキャンセルした経緯の説明を求める声が上がり、一時空転しました。 本会議冒頭、自民党議員から10月9日に、新里米吉議長が京都で開かれた「全国育樹祭」への出席をなぜ取りやめたのか、...続きを見る

動物由来感染症に医師会と獣医師会が連携

エボラ出血熱や鳥インフルエンザなど、動物由来の感染症に対する対策を強化するため医師会と獣医師会が協定を締結しました。 この協定は海外から人や物の流入が増える中、エボラ出血熱やMERS、鳥インフルエンザなど動物由来の感染症が県内で発生した際...続きを見る


qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.