2012年6月22日

語り継ぐ沖縄戦2012(4) 沖縄戦の遺骨 DNA鑑定で遺族の元へ

30年もの間、ボランティアで遺骨収集を行い、土の中に埋もれたままになっている戦没者の遺骨の物言わぬ声を聞き続けてきた具志堅隆松さんです。 志堅隆松さん「地面の中で助けを待っている戦争で亡くなった人たち。私は“助けて”って言う声もあげきれない“弱...続きを見る

翁長那覇市長ら 森本大臣にオスプレイ配備撤回要請

普天間基地へのオスプレイ配備を阻止しようと、那覇市の翁長市長らが22日に森本防衛大臣を訪ね、計画を撤回させるよう求めました。 防衛省を訪れた那覇市の翁長市長と永山市議会議長らは、森本防衛大臣に対し、オスプレイの普天間基地配備を撤回すること、那覇軍...続きを見る

嘉手納町議会 オスプレイ配備撤回訴え

空軍所属のCV22オスプレイの嘉手納基地配備が取りざたされていることを受け、嘉手納町議会がアメリカ軍に対し、配備の反対を訴えました。 嘉手納町議会のメンバーはキャンプ瑞慶覧の四軍調整官事務所を訪れ、嘉手納基地へのオスプレイ配備という一部報道を受け...続きを見る

天然記念物採集で事情聴取

本島中部で県の天然記念物に指定されているフタオチョウを採集した男ふたりが警察に事情を聞かれていることがわかりました。 フタオチョウは県の天然記念物に指定されていて、環境省のレッドデータブックでも準絶滅危惧種に位置づけられています。 男らは2...続きを見る

あす本番 福島のフラガールがリハーサル

福島のあのフラガールたちのステージが23日から那覇市のデパートで見られます。 本番に備えて練習しているのはハーラウ ラウラーナニの5人。福島県の「スパリゾートハワイアンズ」でトップダンサーとして活躍したリノラニあゆみさんが立ち上げたダンスチームで...続きを見る

オスプレイ配備計画の撤回求め 那覇市長と市議会が政府要請行動

普天間基地へのオスプレイ配備計画の即時撤回を求め、那覇市長や那覇市議会の議員らが6月22日、政府要請のため那覇空港を出発しました。 要請を前に団長を務める翁長那覇市長は、オスプレイの配備反対は県民の総意だとして、政府に対して強く抗...続きを見る

JICA沖縄派遣 海外ボランティアが報告と決意

JICAの海外ボランティアとして活動を終えて帰国した人や、これから派遣される人たち合わせて9人が6月22日に県庁を訪れ、海外での報告と出発にあたっての決意を述べました。 この中で、2年間の活動を終えてパラグアイから帰国した金城祐大さんと、モロッコ...続きを見る

東村高江の小中学生 平和学習で沖縄戦の記憶を継承

沖縄戦終結から2012年で67年。沖縄戦の風化が懸念される中、戦争の記憶を継承しようと6月21日、東村高江の小中学校で平和学習が開かれました。 これは6月初めから県内各地の学校などで開かれている「1フィート運動の会」の平和学習の一環。6...続きを見る


qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.