10 / 19« 先頭...91011...最後 »

2010年2月15日

池間島の旧正月祭祀

旧暦1月1日の2月14日、宮古の池間島では一年のはじまりの祭祀行事が行われました。場所は島で最も神聖な「ナナムイ」、通称、オハルズ御嶽です。 一年の始まりにあたる旧正月の14日、島の祭祀行事を取り仕切る「ツカサンマ」の引継ぎ式と、御願が行わ...続きを見る

2010年2月14日

人形劇の楽しさを知って

宮古島市で13日九州各地の人形劇の劇団が参加する人形劇フェスティバルが開かれました。 これは、人形劇の楽しさをより多くの子どもに知ってもらおうと九州人形劇サークル協議会が九州・沖縄の各地で開催していて、フェスティバルには九州各...続きを見る

旧正月 ウミンチュの街はー

14日は旧暦の1月1日、旧正月です。海人の街、糸満市は穏やかなお正月の雰囲気に包まれています。 糸満市の港では、漁船に新年を告げる色とりどりの大漁旗が松や竹と共に飾り付けられ、漁師たちが一年の大漁と航海の安全を祈っています...続きを見る

2010年2月13日

あすは旧正月

2010年の旧正月はあす14日。海人の町・糸満市の市場は正月料理の食材の買出しをする人達で賑わっています。 13日、糸満市の中央市場には朝早くから大勢の買い物客が訪れ、紅白のかまぼこや砂糖菓子、そして玄関先を飾る松や笹の葉などを買い求めて...続きを見る

小さな科学者達の作品展

県内の児童・生徒が取り組んだ科学に関する研究の作品展が13日から浦添市で開かれています。沖縄青少年科学作品展は地域産業の担い手になる人材を育成しようと開かれているもので、2010年で32回目です。 会場には122点の作品が展示されていて、...続きを見る

2010年2月12日

65年前のきょうは1945年2月12日

アメリカ軍の上陸が迫る中、本島中南部から国頭地区への疎開が本格的に始まります。 65年前のきょうの沖縄新報。そこには国頭地方への疎開者に対する食糧計画が確立されたという記事があります。 「特に疎開者には、農民、非農民を問わず、澱粉、澱粉粕、雑穀な...続きを見る

学校Walker 浦商高リゾートウエディング 「父と母の幸せな姿見たい」

海が見えるホテルでのリゾートウェディング。これは浦添商業高校の生徒たちがブライダル実習の一環で実施したものです。司会を始め、配膳や花嫁介添え役など全てを高校生たちが手がけました。    長引く不況で、高校生の求人が大幅に減る中、学校では彼らの就職...続きを見る

普天間基地移設 北マリアナ知事「受け入れたい」

普天間基地の移設について、グアムの知事は受け入れに難色を示しています。一方、グアムの北に位置する北マリアナ諸島の知事は受け入れる意向で、今後、政府が絞り込む移設候補地に加わってくる可能性があります。 与党3党でつくる沖縄基地問題検討委員会...続きを見る

回復 大浦湾のアオサンゴ群

2009年10月、大規模な白化現象がみられた名護市大浦湾のアオサンゴ群集が、順調に回復していることがわかりました。 世界的にも類を見ない規模で、天然記念物の申請も出されている大浦湾のアオサンゴ群。2009年10月、その45.7%が白化して...続きを見る

F-22戦闘機 事前連絡なく4機飛来

アメリカ軍最新鋭のF22戦闘機4機が11日午前嘉手納基地に飛来しました。地元への事前連絡もなく基地を抱える自治体は反発を強めています。 F22戦闘機4機は、11日午前10時45分ごろ嘉手納基地に飛来。アラスカ州の空軍基地所属で現在...続きを見る


10 / 19« 先頭...91011...最後 »

qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.