県内では18日、あらたに1268人が新型コロナウイルスに感染したことがわかりました。

県によりますと18日、新たに感染が確認されたのは、10歳未満から90代のあわせて1268人で、先週の同じ曜日と比べて100人少なくなりました。

年代別では10代が263人と最も多く、次いで10歳未満が204人などとなっていて、依然として若い世代の間で感染が広がっています。感染経路としては、家庭内が最も多い状況が続いています。

また、那覇市内の社会福祉施設でスタッフ11人、利用者34人のあわせて45人が感染するなど、新たに3例のクラスターが報告されました。