感染者の急増で医療のひっ迫が日に日に深刻さを増しています。現場のスタッフからは「災害レベルでの対応が必要」だという声も出ています。新型コロナの最前線で対応を続ける医療現場の「イマ」を考えます。

息苦しさを訴え、救急搬送されてきた陽性患者は、30代の男性です。今、若い世代の重症化が相次いでいるといいます。

友愛医療センター 救急科 山内素直医長「デルタ株だと結構進行が早く急激に、今日はよかったのに、いきなり一晩で悪くなって挿管になった人とかも結構経験しているので。若くても重症化して、30代でも挿管、重症管理する人が出てきているのが、第5波の1年前と違う所かと思います」

豊見城市の友愛医療センターでは、小児病棟をコロナ病棟にして、軽症や中等症の患者を診ています。

看護師「個室が多い小児病棟をつぶして、コロナ病棟ができているんです」Q小児病棟?「だったんです、もともと予定は」

この一週間で医療のひっ迫に拍車がかかりました。

友愛医療センター 玉城正弘ICU部長「うちも人工呼吸器、重症患者を診る状況が出てきましたね。病院総力戦で行かないと、ちょっと今対応できない状況になっていますね」

受け入れ要請は日に日に増しています。

友愛医療センター 救急科 山内素直医長「酸素使っているコロナの人を受け入れてほしいという事で来ます。」「部屋の調整しないといけなかった、部屋がないんですよ。」

ベッドを確保するため、症状が落ち着いた患者には、自宅療養などの切り替えもお願いせざるを得ません。

医師「今日の朝に、県コロの本部からの受診依頼でこちらに来られた方ちょっと転院調整依頼をお願いできないかなと思ってご連絡したんですけど」

医師が県に依頼していたのは、陽性患者の転院先です。

友愛医療センター 救急科 山内素直医長「今までは全然入院していた患者さんですけども、より重症な患者さんがもっと多いので、こういう方は入院できなくなっている」

県の重点医療機関として、去年の第一波から重症者をみてきた浦添総合病院。患者の受け入れは限界に達していました。

Q空いているベッド数が要相談2ってなっていますけど? 浦添総合病院 完成防止対策室 原國政直 室長「人の配置状況によって、看護師の配置状況によって0なんだけど、最悪2受けるよみたいな。覚悟の2、みたいな。無理してみるベッド。うちが見ないともうだめだよねっていう人たち用で」

こちらでは、今月10日に、災害などの非常時でも診療を継続させるための体制に切り替えました。そのため、緊急性の高い手術や検査以外は、原則中止としています。

浦添総合病院 完成防止対策室 原國政直 室長「数が多い若者が自宅療養中に増悪して救急車を呼ぶケースが増えていく。救急車内で一時間待機中で受診調整がつかないという形で。災害レベルで対応しないと、やはり患者さんを選ぶ時期にきている。命の選択ってことですよね、という状況にまできているのではないか」

  特集「ひっ迫する医療の現状とは」

ワクチン接種 中部で低い接種率

切り札や砦と言われ対策の要になっている「ワクチン接種」について話をしていきたいと思います。

こちらを見てください。県内にあるすべての市における接種率をまとめました。県全体では全国平均を下回っています。

ゲスト玉城デニー沖縄県知事へ

質問1 全国平均を下回る県内全体の状況を玉城知事はどうご覧になりますか?

質問2 そして、また、うるま市、沖縄市、宜野湾市ではまだ20%に届いていない状況です。中部で接種率が上がってこないのはなぜなんでしょうか?

街録 ワクチンへの不安

若い世代にへのワクチン接種をいかに進めていくかが大きな鍵を握っていると言えます。ワクチン接種にどんな不安や疑問を抱いているのか聞いてきました。

20代会社員「すぐに出る副作用もそうですけど、新しいワクチンなので、何十年後に何も起きないとも限らないので、そこはちょっと心配ではありました」

Q「ワクチンに関するデマを見たことはあるか」10代大学生「あります」Q「どんなものがありました?」10代大学生「子どもが産めなくなるとか」「それが(ワクチン接種が始まった)初期段階に出てたので、打たないでおこうと思ってたんですけど、今は(そういった情報が)出てないと思うので(接種したい)」

30代会社員「(ワクチン接種を)迷ってるって方はけっこういるような気がします」「(ワクチンに関して)千差万別に情報があふれちゃってるからそれで混乱している気もします」

  ワクチン接種 中部で低い接種率