27日に開かれた全国知事会で、玉城知事はPCR検査の体制強化や幅広い事業者への支援の必要性を提言しました。

27日の全国知事会は、政府による緊急事態宣言の一部地域の解除などを前に、今後の新型コロナ対策などを議論するため開かれました。

玉城知事は「今後の緊急事態宣言の解除に伴い、全国的に人の移動が活発になることが予想されることから、再び感染が拡大することのないよう、PCR検査の体制を強化する必要があると考えています。今後、安心して旅行ができる環境づくりに向けて、PCR検査体制の強化等に対する国の支援等が絶対必要だと思います」と述べ、PCR検査体制の強化の必要性のほか、影響を受けたすべての業種に対する手厚い経営支援の必要性などを訴えました。

全国知事会 玉城知事「PCR検査体制の強化を」