那覇と博多を結ぶ巨大な貨物船が26日に就航しました。

琉球海運が保有する全長182メートル、幅26メートル、総トン数1万1681トンの巨大な貨物船「あやはし」。沖縄航路初となる排ガス規制に対応した貨物船で、博多・那覇間を結びます。

琉球海運・宮城茂社長「ポストコロナの沖縄の発展のためにも少しでも貢献できるよう最大限この船を活用していきたいと思います」

コロナによる観光客などの減少で、2020年度1月までの貨物量は、前の年度と比べておよそ10%減っているということです。

巨大貨物船「あやはし」就航 琉球海運