連休中も熱戦が続く県高校総体。23日始まった陸上はアベック優勝に大会新記録と盛り上がりを見せています。

男子4×100メートルリレーでは白と青のユニフォーム那覇西がリード。個人100メートルを制したアンカー、ワォーターズ稀杏選手が逃げ切り優勝。女子4×100メートルリレーも那覇西がトップでゴール。見事アベック優勝を果たしています。

那覇西高校の馬場李音主将は「男女アベック(優勝)したいという気持ちも高かったしチームベスト(記録)を出したい気持ちも高かったのでメンバーにとても感謝している。ありがとうございます」と話していました。

また棒高跳びでは糸満3年の名嘉眞メグ選手が大会新の3メートル22で優勝と好記録も出ています。県高校総体は24日も陸上2日目やバスケやハンドボールの男女決勝などが行われています。

県高校総体 熱戦続く