琉球朝日放送の社内で23日、4人目の新型コロナ感染者が確認されました。感染が分かったのは、番組制作にかかわる40代の女性スタッフです。QABが独自に実施したPCR検査で23日、陽性が判明しました。QAB社内での感染者は4人目です。

QABでは現在、スタッフ全員のPCR検査を実施することにしています。自社検査と医療機関の検査の結果、これまでに132人中130人の陰性が判明しています。

現在、取材や撮影については濃厚接触者ではなく、かつ、検査結果が「陰性」だったスタッフと、本社に出入りしない通信員や外部スタッフで行っています。

またこれまでに社内の消毒も3回終えていて、感染拡大防止に努めることにしています。これとは別に県は23日新たに5人の感染を発表しました。この中にはうるま市在住の70代のタクシー運転手や中部保健所管内に住む50代の基地従業員の男性、また中部保健所管内に住む10歳未満の男児も含まれています。

また県は米軍施設で新たに14人の感染が確認されたことを発表しました。キャンプハンセンが13人、普天間基地が1人となっています。

これで県内で確認された新型コロナ感染者は162人、米軍施設では163人となり、米軍施設内での感染者が県内の感染者を上回りました。

QAB 4人目の感染者