石垣市教育委員会は7月12日、市内の学校給食に異物が混入していたと公表し、納入業者とともに謝罪会見を行いました。異物が混入していたのは給食に出されたパンと米飯で、児童生徒が食べる直前に気づいたということです。

1件目のパンが5月28日、オキコ株式会社が石垣市内の工場で製造したもので、パンを焼くときに使用される天板からはく離したとみられる約6ミリのアルミ片一個。2件目が7月10日、株式会社なかみちが製造した米飯に混入していた機械から剥がれ落ちた約3ミリの溶接片2個で、教育委員会には現在のところ健康被害の報告はないということです。

事故を起こした2社では機械の点検整備を行い、改善策を市の教育委員会と確認し、再発防止を徹底していくとしています。

石垣市で学校給食に異物混入