玉城知事は県をまたぐ渡航自粛の解除から1週間となる6月26日、依然として予断を許さない状況だとして引き続き水際対策の徹底を呼びかけました。

玉城知事「レンタカーのナンバーを目にする機会が増えてきたなと実感していますし、それに合わせて国際通りなど観光客に商売している店舗も徐々に開いてきているかなと思います」

玉城知事は26日の会見でこのように述べたあと今後の水際対策についても言及しました。

玉城知事「まだ予断を許さない状況だと認識していますので県としては第2、第3の波に備えた水際対策の徹底や医療体制の構築に万全の態勢で取り組んでいく」

また、航空路線が徐々に回復する一方で東京では依然として多くの感染者が確認されていることに玉城知事は危機感を示していて県外からの旅行者に対し、旅行前の体調管理の徹底を呼びかける方針です。

渡航自粛解除1週間 知事「予断許さない状況」