無観客で熱戦が続けられてきた県高校野球春季大会。まずは残念なニュースからです。6日、県高野連は臨時の理事会を開き新型コロナの影響による県立高校の休校などもあり今大会の中止を発表しました。

ただ、この土日に行われた試合では準決勝・決勝を目指し選手たちが熱戦を展開しましたので、選手たちのコメントなどもそのままにお伝えしていきます。

高校野球、ベスト4かけた準々決勝

2年連続のベスト4入りを目指す沖縄工業。チームを引っ張るのは國吉涼介と田里王寿。小学生の頃から交流があり、ともに沖縄工業へと進学してきた2人は打線の1番・2番打者としてここまでチームの総得点の半分以上を挙げてきています。

ベスト4入りを目指すこの試合も1回から2人が動きます。1番・國吉がフルカウントからフォアボールで出塁。すかさず2番・田里が送りバントを決め、チャンスを作ります。ここは先制点とはならないものの、得点の雰囲気を漂わせます。

すると続く第2打席、2人が仕掛けます。1番・國吉がまたもやフルカウントからフォアボールで出塁すると…

國吉涼介主将「アイコンタクトで行く(走る)というのを目でやったら(田里が)うなずいてくれたので」

高校野球、ベスト4かけた準々決勝

田里王寿選手「自分は(國吉が)スタートを切るとわかったら打席に集中して打てている」

エンドランで相手のミスを誘い2人でチャンスを広げます。ここで打席には3番・又吉祐次朗。このタイムリーで國吉が先制のホームイン。さらに続く4番・渡眞利瑠也のスクイズで田里もホームを駆け抜け、この回2点を奪います。

投げては沖縄工業は3人の投手が糸満打線をわずかヒット1本に抑える好投でスコアボードに0を並べ続けます。すると9回、沖縄工業はランナー2塁のチャンスを作ると打席には1番・國吉。

高校野球、ベスト4かけた準々決勝

気迫のヘッドスライディングで内野安打をもぎ取るとこの間に2塁ランナーがホームへ。3得点、すべてに1・2番が絡む活躍で沖縄工業がベスト4進出です。

田里王寿選手「このまま勢いで決勝まで行って春優勝して夏につなげられるように頑張っていきたい」

國吉涼介主将「準決勝・決勝も自分たち1・2番が出るのが鍵になってくると思うのでそのプレッシャーの中で出塁して3・4・5番に打ってもらってチームで勝ってそのまま優勝まで行きたい」

一方、第1シード・沖縄尚学に挑んだ中部商業は2点リードで迎えた8回、2本のヒットで追加点のチャンスを作ると3番・山口慶十。

この回3点を奪った中部商業が第1シードを破り、11年ぶりのベスト4です。

高校野球、ベスト4かけた準々決勝

創部3年目で初のベスト8進出を果たした日本ウェルネス。去年8月に就任した五十嵐康朗監督の下、3回戦で興南に8対1でコールド勝ちするなど快進撃を続けています。5日の準々決勝では知念と対戦。先発を任されたのは、チームの柱でもある比屋根。

序盤に攻められ、2回に知念の7番・知花のスクイズで先制点を許すと、なおもランナー3塁のピンチ。8番・城間にタイムリーを打たれ、追加点を奪われます。

3回にも相手の猛攻を受けると、新2年生の渡慶次がマウンドへ。

高校野球、ベスト4かけた準々決勝

日本ウェルネス渡慶次憲一郎選手「比屋根さんが頑張っていたので自分も0点でおさえようと思っていました」

その言葉通り、ランナーを背負うも追加点を与えません。そして4回、ウェルネスは2番・平良の2ベースヒットなどでチャンスを広げ、4番・コンズ!

1点を返し、流れを引き寄せると、7回には相手のミスを誘い、同点に追いつきます。1番・川平が申告敬遠され、ランナー満塁のチャンスで2番・平良!チームの期待に応え、勝ち越しに成功します。

勢いに乗ったウェルネスは、4番・コンズが2人のランナーをかえすなど、この回一挙4得点。8回にも2点を追加し、相手を引き離します。

投げては渡慶次が相手打線をわずか4安打に抑える好投を見せ、最後は気迫のピッチングを披露!ウェルネスが創部以来初のベスト4進出です。

日本ウェルネス渡慶次憲一郎選手「チームに貢献できるようなピッチングをしたい」「優勝を目指して頑張りたい」

高校野球、ベスト4かけた準々決勝

準々決勝のもう1試合では宮古が北山を10-1のコールドで下し、こちらの4校がベスト4、夏のシードを獲得ということになりましたがそのシードの順番については夏の組み合わせ抽選会で決定するということです。