塩分濃度の差を使って電気を作る実験が2019年12月8日、県立図書館で行われ、参加した子供たちは大興奮の様子でした。

これは塩分濃度の高い海水と塩分濃度の低い川の水などを、特殊な機械を使って混ぜることで電気を作り出すという実験で、県内の電気工事会社が研究を進めています。

まだ小学生の子どもたちには難しそうな話でしたが、実際に電気を作る実験が始まると子どもたちは興味津々。

参加した子どもは、「楽しかった。塩の水が電気になるのがすごかったです」と話し、別の子どもは、「塩水と真水で電気が作れるということがわかりました。もっとこれが広まればいいと思います」と話していました。

この研究を進めている宜野湾電設は再来年を目途に、この電気を家でも使えるようにしたいということです。

宜野湾電設は再来年を目途に、この電気を家でも使えるようにしたいということです。