ラグビー国内トップリーグの選手たちが、読谷村の中学校を訪れました。

読谷中学校を訪れたのは、ジャパンラグビートップリーグに加盟し、東京都府中市を本拠地に活動する「サントリーサンゴリアス」の選手ら7人です。

チームは金曜日まで村内でキャンプをしていて、地元の子どもたちとも交流しようと、パスやキックなどプロの技を披露しました。また、生徒がリフトアップにも挑戦。体格の良いプロの選手の華麗なテクニックに生徒たちは感激していました。

交流した生徒は「パスの練習の時に話をしたら、かっこよかった。惚れました。一目ぼれです」「ラグビーも、もう1回ちゃんと見てみようと思いました」と話していました。