2019年2月12日 18時26分

県民投票14日告示 自民は対応決まらず

県民投票14日告示 自民は対応決まらず

県民投票は14日告示日です。

沖縄の、そして民主主義の将来を決めると言われる県民投票にどう向き合うか、県議会の与野党は対応が割れています。

玉城知事を支える県政与党などでつくる県民投票連絡会。照屋大河県議は「奪った基地(普天間基地の土地)を返せという願いに対して、替わりの基地をよこせというのは許せません。この県民投票で政府が言い訳できないような辺野古新基地埋め立て反対の圧倒的な民意を示していただきますよう連絡会として訴えてまいります」と話していました。

会では14日の告示日には、キャンプシュワブゲート前で午前11時から出発式、夕方6時から県庁前で大集会を開くことにしています。

一方、野党自民党は12日の議員総会で、県民投票へのスタンスを話し合うとみられていましたが、島袋大県議は「12日はそういうお話はしてません」と話していました。

さらに公明党は自主投票を決めていて、県民投票を静観する構えです。

県民投票は14日告示、24日投開票です。

qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.