2018年12月15日 17時51分

玉城知事 埋め立てに「対抗手段講じる」

玉城知事 埋め立てに「対抗手段講じる」

15日、辺野古を訪れた玉城知事は、土砂投入が始まった埋め立て作業現場で工事の状況を視察しました。

玉城知事は、現場を視察し「現場に来るとこの異様さに胸をかきむしられるような気持にさせられます。我々はたじろぐことも、退くこともありません」と述べ、土砂の投入を違法な工事だと指摘。そのうえで「県として取り得る対抗手段を講じていく」と決意を語りました。

一方、岩屋防衛大臣は15日、視察先の北海道で記者団に対し、辺野古新基地建設は「日米同盟のためではない、日本国民のためだ」と述べ、抑止力強化の観点から今後も建設を推進していく考えを改めて示しました。

qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.