2018年12月20日

回顧2018「経済」「周年」企業のトップリーダーに話を聞く!

シリーズでお伝えしている県内のこの1年の出来事を振り返る「回顧2018」。きょうは「経済」です。 平成を締めくくる年、2018年、今年のキーワードは「1528」です。実はこの数字「今年でちょうど何十周年!」など「周年」...続きを見る

謝花副知事が宮古島市長に「勧告」

県民投票の実施へ向け県が動き出しました。謝花副知事は12月20日県民投票への不参加を表明した宮古島市の下地市長を訪れ県民投票への協力を呼びかけました。 謝花副知事らは20日、下地市長を訪れ県民投票が行われることになった経緯を説明した上で今回の県民...続きを見る

県議会が土砂投入中止を求める意見書を可決

県議会は12月20日の最終本会議で、「辺野古埋め立ての土砂投入中止を求める意見書」を、与党の賛成多数で可決しました。 玉城知事を支持する与党側が提案した土砂投入中止を求める意見書案は、午前中、「工事強行は地方自治を否定し、住民自治を破壊する蛮...続きを見る

平和祈念公園の崖で男性の白骨遺体見つかる

12月17日糸満市の平和祈念公園内の崖で、白骨化した男性の遺体が発見されたていたとがわかりました。 警察によりますと、17日午後3時半ごろ、糸満市摩文仁にある平和祈念公園内で、50代から60代とみられる男性の遺体が発見されました。 男性...続きを見る

FC琉球新監督就任会見

来シーズンJ2リーグに挑むFC琉球。チームを率いる新監督が意気込みを語りました. 来シーズンFC琉球を率いる樋口靖洋監督(57)J1からJ3まですべてのリーグのチームで監督を務めた経験を持ち、2013シーズンには横浜F・マリノスを率いて天...続きを見る

県議会、土砂投入中止を求める意見書審議

県議会は12月20日最終本会議を開き、辺野古埋め立ての土砂投入中止を求める意見書が、与党の賛成多数で可決される見通しです。 県議会の最終本会議で県政与党の議員が、辺野古埋め立ての土砂投入中止を求める意見書案を提出。意見書案では、「政府による辺野古...続きを見る

県内企業が寄付金贈呈

社会福祉活動に役立ててほしいと、県内企業が県社会福祉協議会に寄付金を贈りました。 12月19日、県社会福祉協議会に寄付金を贈ったのは株式会社サンレーで、2002年から寄付金の贈呈を行っていて、ことしで17回目になります。 贈呈式でサンレーの...続きを見る


qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.