佐喜眞氏 総決起大会 県知事選に出馬を表明している佐喜眞淳さんが、10日総決起大会を開いて、支援を呼びかけました。 佐喜眞淳氏は「対立や分断や争いではなくて、和をもって、言葉をもって、会話をもって、対話をもって、沖縄を良くしていきたい」と話していました。 佐喜眞さんは、県民の暮らしが最優先だとして、全国最低となっている県民所得の引き上げに力を尽くしたいと述べました。 また基地問題については、普天間基地の返還を実現した上で、跡地利用を推進していくとし、辺野古の是非については明言しませんでした。 総決起大会には自民・公明・維新の会の幹部らが駆け付け、「物事を進ませるには協調が必要」と訴えていました。