親子2代で平和の大切さ伝える

沖縄戦の混乱で学校に通えなかった嘉納初子さん。3年前には82歳で中学校を卒業しました。

息子の英明さんが初子さんの人生を絵本に描きました。20日の平和学習では、絵本の読み聞かせも行われ、初子さんは学校に通えなかった自身の経験を交えながら、平和の大切さを伝えました。

嘉納初子さんは「自分たちの時代は戦争があって、自分の思うことができなかったので、これから自分の希望する仕事に就くように頑張ってください」と話しました。