去年5月に海洋博公園で誕生したオキゴンドウの赤ちゃんが1歳を迎え、8日から記念イベントが開かれています。

去年の5月23日に生まれたオキゴンドウの赤ちゃん。1歳を迎えたことを記念して、海洋博公園では、職員がオキゴンドウの赤ちゃんの成長の様子を解説する観察会が開かれています。

いまは、シシャモやサバなど大人のオキゴンドウと同じエサを食べるようになり、体長2m57cm、体重202kgにまで成長しました。この観察会は8月末まで開かれています。