米軍ヘリが熊本空港に緊急着陸

またもや、緊急着陸です。普天間基地所属のアメリカ軍のヘリコプターが4月18日午後、熊本空港に緊急着陸しました。

防衛省によりますと18日午後1時過ぎ、アメリカ軍普天間基地所属の多用途ヘリコプターUH1と攻撃ヘリコプターAH1が熊本空港に緊急着陸しました。UH1でオイルクーラーの不具合を示すランプが点灯したため、2機一緒に着陸し、高遊原分屯地に移送されたということです。

県内では2018年1月に伊計島と読谷村に相次いでヘリが緊急着陸したことはまだ記憶に新しく、その後も、部品落下が相次ぐなど不安な状態が続いています。