春の頂点をかけた高校野球春季県大会の決勝が行われました。1点を争う好ゲームを制し、優勝旗を手にしたのは…?

準決勝で大勝し、勢いに乗る第2シード興南か。それとも、初のベスト8入りから快進撃の続く未来沖縄か。

興南の先発、藤木琉悠が3回までに6個の三振を奪う、完璧な投球を見せると、未来沖縄は今大会2つの完投と、快進撃の原動力となっている宜保翔が要所を締める投球で得点を許しません。

両チーム無得点で迎えた4回表、未来沖縄はランナー1塁3塁のチャンスを作ると、ここで仕掛けます。1塁ランナーが遅れてスタート!キャッチャーの送球間に3塁ランナーがホームへ!貴重な先制点をもぎ取ります!

1点をもらった未来沖縄・宜保でしたが、毎回のようにピンチを迎えます。6回には1アウトから、興南・勝連大稀に3ベースを打たれ、同点のピンチに。

興南のスクイズを交わし、このピンチを乗り切ると、試合は1対0のまま9回へ。興南の攻撃は2アウトランナー1塁。

最後の打者を三振で切って取り、試合終了!未来沖縄が創部4年、初優勝を果たしました!

宜保翔選手「入学した時からずっと優勝するのが目標で、やっと勝てた、やっと優勝できたという感じです」

高校野球 春季大会 優勝の行方は

一方、3位決定戦は、コザが平田洸大の3ランホームランなどで沖縄尚学との打撃戦を制しています。

以上の結果、夏の沖縄大会のシードはご覧の通り。いよいよ第100回の夏がやってきます。

高校野球 春季大会 優勝の行方は