津堅島沖パラ訓 22日は通告通りに実施

2日連続で通告されていた津堅島沖でのパラシュート降下訓練。午後5時すぎに、訓練が確認されました。

アメリカ軍は21日と22日の2日間、正午から午後10時にかけて津堅島訓練場水域でパラシュート降下訓練を実施すると、航空情報で通告していました。21日は訓練は確認されませんでしたが、22日は先ほど、午後5時すぎから訓練が始まりました。

津堅島沖では、通常の定期船に加えて、モズク漁の最盛期で漁船の行き来も多くなっているため、地元では懸念が広がっていました。

パラシュート降下訓練は伊江島で行うことが日米間で合意されていますが、2017年から津堅島沖での訓練が常態化していて、うるま市などの再三の訓練中止要請も無視された形です。