BPOがニュース女子に名誉棄損で勧告 東村高江のヘリパッド建設に反対する人々を扱った東京MXテレビの番組に人権侵害があったとしてBPOは3月8日、再発防止の努力をするよう勧告しました。 BPOの審理の対象とされたのは2017年1月に放送された東京MXテレビの情報バラエティ番組「ニュース女子」です。 番組では、ヘリパッド建設反対運動を取り上げましが、BPOは、この中で人権団体共同代表の辛淑玉さんが黒幕であるとの趣旨の放送をして辛さんの人権を侵害したと判断。再発防止の努力を重ねるよう求め、委員会として最も重い勧告としました。 東京MXテレビは「再発防止策を実行して信頼される放送に努めて参ります」とコメントしています。