安慶田元副知事に退職金 満額支払い決定

いわゆる口利き疑惑の元副知事に、1059万円の退職金が満額で支払われます。

教員採用試験などを巡る口利き疑惑で、県は2017年2月に安慶田元副知事の退職金の支払いを差し止めていましたが、2月19日付で1059万円を満額で支払うことを決めました。

支払いの決定について、県人事課は「差し止めができる1年の期限までに口利きの事実関係を認定できなかったため、差し止める理由がなくなった」と説明。今後、支払いの手続きを進めるということです。

疑惑を巡っては、2017年10月、第三者委員会が安慶田元副知事による口利きが「存在した可能性が高い」とする報告書を県に提出しています。