キャンプイン続々

過去最多の24チームがキャンプをはる2018年の沖縄サッカーキャンプ。国内外のチームが続々とキャンプインしています。

このうち18日からキャンプをスタートさせたのはJ2の大宮アルディージャ。歓迎セレモニーで石井正忠監督は「良い環境でできることに喜んでいます」と感謝の言葉を述べ、選手たちは、さっそく芝の手入れが行き届いたグラウンドでトレーニングを始めていました。

県内では、18日までに既に9チームがキャンプを張っていて今後も続々とキャンプインし過去最多の24チームが沖縄にやってきます。県総でも、27日から昨シーズンJ1初優勝を果たした川崎フロンターレや、2月1日から、J2の京都サンガFCがキャンプをはる予定です。