渡具知武豊を二階自民党幹事長が激励

2月4日に迫った名護市長選は一騎打ちの様相を呈しています。

すでに出馬を表明している現職の稲嶺進さんと対する渡具知武豊さんの各後援会組織は、年明けからすでに選挙戦に入ったかのような激しい取り組みを展開しています。

二階俊博自民党幹事長は「みんなで団結して最後まで勝ち抜くまで頑張った人が勝利するわけでありますから、皆様方の一層の奮起を心からお願いして」と激励していました。

自民・公明が推す渡具知武豊さん側には年末の菅官房長官に続き、4日は自民党本部から二階俊博幹事長や3人の幹部が名護市内に入り、渡具知さんを激励しました。

辺野古新基地計画を進めたい自民党は、国政選挙並みに大物政治家を相次いで投入し、振興策と基地建設の両面から、移設容認派の支持拡大に全力を挙げています。