名護市長選挙取締本部設置

2月4日に投開票される名護市長選挙。公平・公正な選挙の実施に向け、取締本部を設置です。

3期目を目指す現職と新人の一騎打ちとなる見込みの名護市長選挙。選挙ムードが高まるなか、名護警察署ではきょう選挙違反取締本部の看板が設置されました。

看板設置式で山田聡署長は「激しい選挙になることが予想される。厳正で公平な取り締まりを」と述べ、不偏不党の姿勢で取り締まりにのぞむよう署員に訓示しました。

具体的には、告示前のポスターや横断幕の早めの除去に取り組むほか、金品と引き換えに投票を依頼する買収、飲食接待、詐偽投票などの悪質な違反に関する情報収集にも力を入れるということです。

名護市長選挙は2月4日に投開票される予定です。