中学生がパイナップル収穫体験

農家が大切に育てたパイナップルを中学生が収穫体験しました。

11月28日、JAおきなわが主催した体験学習には、名護市の屋部中学校の生徒82人が参加しました。

生徒たちは東村のパイナップル畑でまず苗の植え付けに挑戦。植え付けの後は収穫体験。そしてとれたてのパイナップルをいただきました。