談合事件 逮捕の渡名喜村長が辞任表明

渡名喜村の公共工事を巡る談合事件で、逮捕・起訴されている上原昇村長が28日、会見を開き、辞任する考えを示しました。

会見で上原昇渡名喜村長は、「改めて村民の皆様をはじめ、関係者の皆様にご迷惑をおかけしたことを深くお詫び申し上げます。誠に申し訳ございませんでした」と謝罪しました。

また、会見で上原村長は、2010年ごろから少なくとも5件の公共工事で、入札直前、島関係の業者に電話をかけ予定価格を漏らしていたことも明かし、「島の振興のためと思い込んでいたが、結局は、信頼を裏切ってしまった」と述べました。

辞任の申し出は、9月にも開かれる村議会で承認される見通しです。