新生キングスが練習を公開

プロバスケットボール琉球ゴールデンキングスがBリーグ2年目のシーズンに向け本格始動です。顔ぶれもガラッと変わり新しく生まれ変わった「新生キングス」が16日、練習を公開しました。

Bリーグ1年目の昨シーズンはベスト8だったキングス。さらに上を目指す今シーズンは、日本代表のアシスタントコーチの経験を持つ佐々宜央新ヘッドコーチの手腕が注目されますそして、新戦力も充実。

昨シーズン天皇杯を制した、千葉ジェッツから移籍してきた身長211センチ、ヒルトン・アームストロングや、日本代表経験を持つ石崎巧。そして、16日に加入が発表された、2017年に大学を卒業したばかりのハッサン・マーティンなど現在、日本代表に招集されている2選手も合わせ新たに7人の選手が加入しました。

この新戦力に刺激を受けキャプテンの岸本隆一をはじめ昨シーズンから残る5人の選手の成長にも期待が高まります。

岸本隆一選手は、「僕含め、若手が昨シーズンからいたメンバーが多いので、(新メンバーに)負けるなよと普段の練習から言っています。期待していてほしいと思いますし、沖縄のバスケットの可能性を広げられたらいいなと思います」と話しました。

また新加入の石崎巧選手は、「40分を通して全員で、ハードにプレーする。出ている5人というよりもベンチにいる12人全員で勝利をもぎとってこられるようなチームになっていきたい」と話しました。

新生キングスの初陣は26・27日のプレシーズンゲーム。どんなバスケットを見せるのか注目です。