オスプレイ 18日から日米共同訓練に参加

8月14日、知事との会談で調整中としていたオスプレイの北海道での日米共同訓練。今週金曜日から参加することになりました。

会見で小野寺防衛大臣は「今月16日から訓練の準備のため三沢に入り、18日から本訓練に参加することとなりました。引き続き米側には飛行に際し、安全面に最大限配慮すると共に、地域住民に与える影響を最小限にとどめるよう、求めてまいりたいと思います」と話しました。

訓練には、普天間基地所属のオスプレイ最大6機が参加し、当初の予定通り、兵員の輸送訓練などを行う予定だということです。

8月14日は「調整中」とされていたオスプレイの訓練参加ですが、大臣訪問からわずか1日のスピード調整で北海道に向かうことになります。