全日本男子レスリングが知事表敬

全日本男子レスリングのメンバーが13日に県庁を訪れ、沖縄合宿での成果を報告しました。翁長知事を訪ねたのは、9日から豊見城市で合宿を行っていた全日本男子レスリンググレコローマンスタイルの監督と選手3人です。

松本慎吾監督が「国際大会前の良いタイミングで合宿ができたので、その成果を試合で生かしたい」と合宿の手ごたえを報告したのに対し、翁長知事は「県内での合宿は県民にも大きな夢を与える。東京オリンピックではメダルを取ってほしい」と期待を寄せました。

また県出身の屋比久翔平選手は「ひとつひとつ結果を残して、東京オリンピック金メダルという最終目標に向けて頑張っていきたいと思います」と意気込みを語りました。

チームは沖縄での合宿を終え、選手はそれぞれの国際大会に挑みます。