高江で機動隊員が抗議市民に侮蔑発言

東村高江で進むヘリパッド建設に反対する市民に対し、18日、警備する機動隊員が差別的な発言をしていたことがわかりました。県警はきょう「不適切な発言だった」とコメントを発表しています。

18日、抗議中の市民が撮影した映像には「さわるなコラ、どこをつかんどるんじゃボケ〝土人〟が」と発言した機動隊員の姿がみられます。発言しているのは、県外から派遣されている大阪府警の20代の機動隊員で、抗議する市民に対し差別的な言葉を使っていました。

発言は北部部訓練場周辺に設置されたフェンスを挟んで抗議する市民と機動隊とのやり取りの中で出たもので、別の場所でも別の機動隊員が抗議する市民に差別的な発言をしているのも確認されました。

県警は19日に「不適切な発言だと認識している。今回の発言については極めて遺憾であり、以後そのようなことがないよう改めて指導していく」とコメントを発表しました。

また、琉球大学の島袋純教授は「警察官がヘイトスピーチを行うということは、日本の権力機構がヘイトスピーチの温床になっている」と話していました。

機動隊員の発言に対し19日、翁長知事は「かかる言葉は未開の地域住民を侮蔑する意味合いを含んでおり、そのような発言は一県民としても、そして沖縄県知事としても言語道断であり、到底許されるものではなく、強い憤りを感じている。沖縄県警本部長と面談し、これまでの(警備活動への)指導が十分でないことを指摘し、適切に管理するよう求めていきたいと考えています」とコメントしました。

※「土人」という言葉は差別的で不快な表現として放送で使わない言葉です。しかし今回は、発言の持つ問題を正しく伝えるため必要と判断し、発言の映像と音声を使用することとしました。