翁長知事 稲田防衛大臣 初会談

就任後初めて沖縄を訪れている稲田防衛大臣が24日午後、翁長知事と会談しました。

翁長知事「基地負担軽減ということに関しまして全く見えていない」

稲田大臣「安倍政権としては辺野古の移転、普天間の危険除去のために辺野古の移転というものを方針としている」

初会談は冒頭のみマスコミに公開されました。翁長知事は、ハリアーの墜落事故について抗議したほか、辺野古新基地建設計画の撤回と普天間基地の県外移設などを求めました。

会談後、稲田大臣は「信頼関係を築いていくことが物事を解決するための前提だと申し上げた」と話し、翁長知事は「初めてということもあり、大変耳を傾けて聞いてはいたが、心の内はわかりません」と話しました。

県と政府の対立が深まる中、初めての会談は平行線となったようです。