産業まつり 始まる

県内の特産品を一堂に紹介する「沖縄の産業まつり」が那覇市で開幕しました。今年で39回目となる「沖縄の産業まつり」には企業522社が参加しています。

開会式では県工業連合会の呉屋守章会長が「このまつりが人と人、人と産業を結び付け、沖縄の産業を元気づける場になってほしい」とあいさつしました。

会場では県が優良だと認定した食品をはじめ、立体的に音が広がるよう工夫したという太鼓の形をしたスピーカーなど、アイディアが凝らされた県産品が展示されています。産業まつりは25日、日曜日までです。