人、海も健康に。沖食が100万円寄付

沖縄の海を守る活動に役立ててほしいと、沖縄食糧が、沖縄美ら島財団に100万円を贈りました。

これは、沖縄食糧の創立65周年記念して、米1キロの出荷につき1円を寄付するもので、沖縄食糧の竹内聡社長から沖縄美ら島財団に贈られました。キャンペーンは、7月1日からの3カ月間で、出荷量は1054トン、寄付額105万円4000円を達成したということです。

寄付金はサンゴ礁のモニタリング調査など、沖縄の海を保全する活動に役立てられるということです。