県が意見書を発送 午後に知事会見

県は21日午前、辺野古の埋め立て承認取り消しを巡り、沖縄防衛局が申し立てた執行停止に対する県の反論をまとめた意見書を発送しました。

意見書は、沖縄防衛局が翁長知事の辺野古の埋め立て承認取り消しを不服とした執行停止の申し立てを受けて、国土交通大臣が県に求めていたものです。

21日午前に発送された意見書の中で、県は沖縄防衛局はあくまで国の機関で申し立てる立場にないことや事業の必要性が認められないことなどを主張しています。

21日午後には翁長知事が会見を開き、意見書について説明する予定です。

今後、国土交通大臣が執行停止の判断をすれば沖縄防衛局は作業を再開できることになります。