名護市議会8年前の調査結果開示求める

辺野古への基地建設を巡り、名護市議会は22日沖縄防衛局に対し、8年前に実施されたボーリング調査結果の開示を求めました。沖縄防衛局を訪れたのは、名護市議会与党の議員たちです。

市議たちは、名護市教育委員会が辺野古のキャンプシュワブ内で実施している文化財調査の参考にするため、防衛局が8年前陸上部分で行った、ボーリング調査の結果を開示するよう求めています。

これに対し、沖縄防衛局の沼尻邦男調達部長は、「保存期間を過ぎ、破棄されているため、情報提供はできない」と回答しました。市議たちはさらに、8年前に防衛局が資料の貸出しを約束していたとして、改めて当時のやり取りの記録を出すよう求めています。