ターシャ・テューダー展始まる

アメリカの絵本画家、ターシャ・テューダーの代表的な絵本原画などを展示する全国巡回展が那覇市のホテルで開かれています。この展示会は2008年から全国19会場で行われていて、沖縄での開催は2回目です。

2015年は、ターシャの生誕100年にあたり、絵本の原画や、実際に使用していた絵具などの画材、また、絵本に出てくるキッチンなどのシーンを市販のパーツを集めて再現したドールハウスが初公開されました。

ターシャは、50歳から絵本画家になり、4人の子育てを終えて自給自足の暮らしをしていたということで、作品には、そこでの自然なども反映されています。素朴な暮らしや子どもの豊かな表情を捉えた作品150点あまりを紹介しています。展示会は、31日までです。