薬物・拳銃取締り強化月間

5月は薬物や拳銃の取り締まり強化月間です。沖縄地区税関では危険ドラッグなど薬物の密輸をしないよう呼び掛けています。

沖縄地区税関によりますと、2014年の1年間に県内で摘発された不正薬物の密輸件数は25件、拳銃密輸の件数が1件、報告されています。

4月には那覇空港に到着した台湾からの乗客が麻薬に指定されているケタミンを持ち込み摘発されています。

税関では、旅行者の持ち物などの取り締まりを強化するとともに、県民からの薬物や拳銃などの密輸に関する情報提供を求めています。